読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまごち屋。李果の今日のアゲモノ

たましいにヨロコビのごちそうをお渡しする たまごち屋。です。

エンターテイナー

昨日帯広でコンサートをしてくれた山下達郎さんは

21:45まで客席に向かって手を振ってくれていた*\(^o^)/*


ライブやコンサートでよく使われる帯広市民文化ホールの駐車場は、

隣にある長崎屋の駐車場と同じで

22時に閉まる。

夜間完全閉鎖なので、遅れたら車を出し入れできないの。


一曲でも多く聞いてもらいたい。

とギリギリまで粘ってくれた(笑)


アカペラで歌っているときはね、

ブルーのライトに包まれていたなぁ。


歌うために、

音楽で人々を楽しませるために、

ここにいる人なのね、って感じていました♡


62歳で64本のツアーって、

まず体力的なパワーに驚かされる!


年齢的にもそう、おじさんよねww

なのにあれだけの声量と早口のMC(笑)


お茶目でワクワクを忘れないスタイルと

好きを形にし続ける情熱。


わたし自分はまだ

何も形にできていない氣がするけど、

こうして

形にして伝えることを楽しんでる人が目の前に増え続けているよねぇ。。


ぼんやりそんなことを考えていたあたりで

泣きそうになった曲があった。


同じ曲を聴いてもそんな風になったことはないのにさ。。。


一緒に行った友人に帰り道でそのことを話したら、

どの曲かわかるよ、わたしも泣きそうになった…

と。。。


彼女は今、

リ・スタートのタイミング。


昨日のわたしたちは

クォンタムタッチ®ワークショップでお伝えする

同調と共鳴を

山下達郎というアーティストを介して体験したんだね。


もちろん、アンコールが揃うという同調現象も体験してきたよ(笑)




どれだけの想いをのせるかは

伝えるための波動をどこまで大きくするのかということじゃない?


泣けるほどの想いを受け取ることができたってことは、

ずいぶん大きな波動を浴びていたんだろうなぁo(^▽^)o


喜んでいる観客に向かって

喜び返しで手を振る達郎さん。。

そこにはお互いのありがとうが循環している。


エンターテイナー

って言葉が頭から離れない。


喜びの循環。


隣の席になった方に

ある曲が始まった時にいきなりクラッカーを貰い戸惑っていたら、

その曲ではみんなでクラッカーを鳴らす部分が!


お隣になったというだけのご縁なのに、

同じ喜びを分けてくれて嬉しかった♡


しかもわたし、

ドラムのイケメンに久々にキュンキュンきたー(≧∇≦)

これ

韓流スターにはまる女性の氣持ちに

痛いほど近いと思われ…爆笑


ま、しばらくキュンキュンを楽しみます〜♪(´ε` )


ジーンと泣いたそばからキュンキュンできるんだから、

わたしってアホ丸出し…

いえ、

わたし、幸せモノです♡


そして

わたしもエンターテイナーとして

みなさんに喜びの感覚をお伝えして生きたいと

静かに思うのでありました\(//∇//)\




今日もごきげんさまです♡



李果♡JOY COCO