ビジョンカウンセラー*李果通信

ビジョンカウンセラー*李果がお届けする日々のヨロコビの記録

JOY COCO TRAIN

ごきげんさまです♡

******************

対話士※李果 デビューお茶会

1/16(土)11:00〜13:00

お氣持ち制(飲食代各自負担)

******************

素粒水説明会

1/20(水)18:10〜20:00

幕別町百年記念ホール 学習室

無料(要予約)

******************

joycoco375☆gmail.com (☆→@)

080-1866-3788


↓JOY COCO早わかり↓

http://joycoco.hateblo.jp/entries/2016/01/01

******************


昨日のつづき、

フラッシュバックの内容です。


全部妄想(笑)

タイトルと中身もパクリっぽい(爆)


⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘


わたしは

JOY COCO TRAINの車掌兼運転手でした。

乗客を目的の駅へお連れします。


この列車は

運行自体が時刻表には掲載されていないのです。


停車した駅のホームでは

以前に乗車された方々のお口添えでこの列車のことを知り、

駅まではやってきたものの

乗車を決めかねている方がいらっしゃいます。


行き先が分からなかったり

決められずに迷っている人も。


発車時刻が近くなり、

乗りますか?と声をかけると

迷いながらも思い切って乗り込む方も少なくない。


乗車した方と少しずつ対話しながら

彼らの目指す駅をどこにするか

そこに向かうまでの旅の側面を見守るのもわたしの仕事の一端でした。


JOY COCO TRAINは

何両も連なる長い長い列車でしたが、

いつもほんの数人のお客さまでした。


時にはお客さま同士をおつなぎしたり

ご一緒されていた方が

口論や喧嘩されたところを仲裁することもありました。


どなたかが降車すると

となたかが乗車する

その繰り返しでした。


運賃という概念はなく、

列車は燃料も含めたすべての動力がエネルギーで賄われ

メンテナンスは不要でした。


乗車する方のそれとも循環することで

わたしも列車もいつも枯渇することなく潤っていました。


目的の駅に到着し

降車される方が笑顔で手を振り

まっすぐに改札を抜ける後ろ姿を見送るのは

なんとも言えない喜びに溢れました。


そして今、

この列車をわたしが降りる時です。


乗客と思っていた一人は

次の車掌兼運転手でした。


交代の時。


この駅の名はCompletion(完成)。


笑顔で次の車掌に手を振り

あの改札を抜けます。


新しいわたしの始まりです。


⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘


対話士

というネーミングにいきあたって

やりたいことが

ボンヤリ解りかけたところで…

感情解放するのにEFTしてたら

ボワンと映像が観えてきた←ここまでの流れ。


懐かしのアニメそのままで

なんのひねりもない…ww


でも妙に納得するのは

列車というツール

その箱の中で

エネルギーを循環して送り出す

という一連の流れは

今わたしがやってることでもあり、

これからもやり続けていきたいことです。



JOY COCO 李果

joycoco375☆gmail.com (☆→@)

080-1866-3788




広告を非表示にする